PROFILE

MASARU ASO
麻 生   勝

写真を通じて、自分の持っている、感性、イメージを伝えたいと願っています。
まず感じて、愉しんで、それからシャッターを切ることにしています。

ホームである「寺家ふるさと村」 は、横浜市と川崎市、そして町田市の県境にまたがる、ある意味都市開発を免れた里山原風景が残るサンクチュアリィなポイント。

もう四半世紀以上通っています。

略歴
・30歳の時本格的に写真を始める。
・33歳くらいの時、ビギナーズラックで地元写真展で入賞、さらにのめり込む。
・2002年 第5回多摩田園都市写真大賞受賞

blog     Masaru Aso's photo  (日々の更新はこちらからご覧ください)

○作品を額装にしてお譲りしています。ファインアートとしてご自宅に。病院や高齢者施設、またホテルなど癒し空間へのストーリー展示に。(15,000円/点〜  サイズ・作品による)

○写真展開催における支援: グループ展を卒業し個展を開催してみたいという方へのお手伝い(展示の構成、レイアウト、額装、マット出力 等々 )

以上、お気軽にお問い合わせください。

個展開催
2003/ ふるさと村幻想風景
2004/ 朝の詩
2005/ Move-瞬間を愉しむ
2006/ 田園Style-感じたままを映し出す
2007/ "空気をつかむ"-里山の息遣いにせまる-
2008/ "Impression〟印象的
2009/ 感じる“気”-あふれる、浴びる−
2010/ 柔らかい雰囲気 -Soft Focus三昧の日々-
2011/ 空想してみる -感じるイメージそのままに-
2012/ 潤いのとき -豊かな里の表情を愉しむ-
2013/ 魔法の国-カメラアイで見るもう一つの世界-
2015/ 癒しを求めて-潤いあふれる里-
  以上 寺家ふるさと村「四季の家」にて開催
2018/ “都市のオアシス”を愉しむ-日本とシンガポール 癒しを求めて-
 8/2~8/8 ポートレートギャラリー/四ツ谷
2020/ “曖昧”ないろ-移ろう時を重ねる-
 寺家ふるさと村「四季の家」9/13〜26開催  
展示作品を公開しました。
尚、展示作品は購入いただくことが可能です。
額装共、アクリルカバーをお付けし価格は15,000円です。
お問い合わせ Contact

E- masaruaso86@gmail.com​

© 2020 Masaru Aso

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • Flickrの社会のアイコン